必見!お役立ち情報!! : 【『80年前に書かれた現代人へのメッセージ』】
■【『80年前に書かれた現代人へのメッセージ』】 (2018/04/23)

前回に続いて、今回もまた映画の話から入りますが、先日観た『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』も秀作でした。
何といっても巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が、この映画の脚本を読んで、「今、撮るべき作品」と強い想いを抱いたといいます。
スピルバーグは、撮影予定だった作品よりもこの映画を優先することを決意して、これまでの作品の中でもひと際尋常じゃない早撮りで映画を完成させたそうです。

ある日、ニューヨーク・タイムズがベトナム戦争に関する衝撃的な事実が記された機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の内容の一部をスクープ。
ライバル紙に先を越されたワシントン・ポストの新聞記者たちは、全貌を公表しようと奔走します。
ワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)と編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)は、残りの文書を独自に入手しますが、報道の自由と国家反逆罪に問われるリスクの中での激しい葛藤に苛まれます。
時の大統領であるニクソンが、あらゆる手で記事を差し止めようとするのは明らかでしたが、ジャーナリストとして、何としても真実を伝えたいという気持ちが彼らを駆り立てていきました。

相変わらずトム・ハンクスとメリル・ストリープの演技は素晴らしいものですし、何よりこの作品のテーマは現在の政治に対する強い疑義も感じられます。

シリアスな問題作は、常に私たちの仕事や人生に対する価値観を問うてきますし、間接的に自分の仕事に対するミッションの強さにも問いかけてきますから、後は是非とも映画館でお楽しみください。


さて話は変わって、ご存知の方も多いでしょうが、今や大ベストセラーとなっている吉野源三郎著の『君たちはどう生きるか』という本の話題。
1899年生まれの吉野源三郎が、80年も前に刊行したものですが、父が早逝した中学生の甥っ子に対して、生き方の基軸となるヒントをノートに記しています。
是非読んでいただきたいと思いますので、ここでは詳しい内容については触れませんが、今日のタイトルに書いたように『80年前に書かれた現代人へのメッセージ』だと思います。

私からのお薦めは、今や200万部を突破というマガジンハウスの『漫画 君たちはどう生きるか』を、まずは読んでいただくことで、これは短時間で一気に読めるものです。
次にポプラ社文庫の本を読んでいただくと、この本の哲学的メッセージがより一層感じられると思います。
哲学や価値観というものは、普遍的なものであり、中学生の甥っ子に向けたメッセージなどと侮ることなかれです。

自ら良い価値観を求めることと、それを人に伝えることを、惜しみなく続けていくことで、世の中の歪み(ゆがみ)や歪み(ひずみ)が少しずつ是正されていくのではないでしょうか。

2018.4.23.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発・新規顧客開拓・新商流開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」もお待ちいたしております。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
株式会社 ビジネススキル研究所ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
営業マインド強化合宿ホームページ
[URL] http://営業マインド.jp
 [鶴田 慎一 Facebook]
https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp



2018/04/23


必見!お役立ち情報 バックナンバー

■2020/04/01

【 Not Essential(=不必要) 】

■2020/03/19

【 本来の八紘一宇(はっこういちう)の精神 】

■2020/03/06

【 「適正な備蓄」と「自助」の精神 】

■2020/02/29

【 群集心理(集団心理) 】

■2020/02/25

【 梅の花も大寒桜も満開! 】

■2020/02/10

【 偶然の「正代」発見!「バンクシー」も発見! 】

■2020/02/03

【 まだまだ遠い「食品ロス問題」の解決 】

■2020/01/29

【 恥を知れ!せこい日本人! まだまだいる素敵な日本人! 】

■2020/01/26

【 パンデミックの危機 】

■2020/01/11

【 フォードVSフェラーリ 】

■2020/01/06

【 『新春ご挨拶』 】

■2019/12/23

【 『Season‘s Greeting from my heart!』 】

■2019/12/16

【 『企業イメージダウンの行き着く先』 】

■2019/12/13

【 『国宝 : 迎賓館赤坂離宮』 】

■2019/12/03

【 『考察 : 今年の事件』 】

■2019/11/27

【 『居酒屋「無断キャンセル」問題』 】

■2019/11/21

【 『日刊ゲンダイのブックレビューに拙著掲載』 】

■2019/11/14

【 「想い方の力」『私の命』 】

■2019/10/17

【 通用するのは「真実」と「本音」 】

■2019/10/07

「中国新聞朝刊」の読書欄に載りました

■2019/10/02

【 マイナス・マーケティング効果 】

■2019/09/26

【 感即動=感動こそ人を突き動かす 】

■2019/09/13

【 読売新聞に拙著の書評記事が出ました 】

■2019/08/28

【 職場の幸福感が生産性を高める 】

■2019/08/08

【 「父母の恩」 】

■2019/08/08

『師・寅次郎と主君・慶親』【あらすじ】

■2019/07/27

【 日刊ゲンダイにコメント 】

■2019/07/20

【 新刊書発売日8月13日に決定、事前ご予約のお願い 】

■2019/07/02

【 ビジネスパーソンの知性と教養 】

■2019/06/24

【 アンガー・マネジメント 】

■2019/06/05

■【 歴史に学ぶ人間学セミナー 】

■2019/05/29

【 シュリンクフレーション:ステルス値上げ 】

■2019/05/08

【 人材シビア・アクシデント 】

■2019/03/29

【 著書2冊脱稿しました 】

■2019/02/28

【 イメージトレーニング 】

■2019/02/12

【 武士道精神 】

■2019/01/05

【 国家百年の計 】

■2018/12/27

【 日本人の倫理道徳観 】

■2018/11/28

【祝! 大坂万博誘致】

■2018/11/10

【浩然の気】

■2018/08/06

【アインシュタイン 平和主義者の悔い】

■2018/07/31

【改善マインド(Improvement Mind)】

■2018/07/20

【『業績貢献力アップ社内研修』】

■2018/06/29

【『社会通念トレンドの変化』】

■2018/06/06

【『人間万事塞翁が馬』】

■2018/05/22

【『指導者のアンフェアプレイの大罪』】

■2018/04/23

【『80年前に書かれた現代人へのメッセージ』】

■2018/04/04

【『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』】

■2018/03/16

【『或る81歳 同窓会でのウイット』】

■2018/03/07

【『アフターG20と人づくり』】

>>> その他のバックナンバーはビジネススキル研究所公式ブログ をご覧ください。