必見!お役立ち情報!! : 【『ソーシャル・ビジネス「KP AURAL SONIC」の「無料体感」!』】
■【『ソーシャル・ビジネス「KP AURAL SONIC」の「無料体感」!』】 (2016/04/05)

昨日は福岡の顧問先企業の会議でしたが、会議室の外には大きな桜の木が数本あります。
会議の合間に会議室の窓を開けると、ちょうど満開を過ぎた桜の見事な桜吹雪。
時折窓の中にも数枚が舞い込んで来て、情緒たっぷりでした。
今年は色々な場所の桜を見ることができて、たまには舞い落ちる花弁を掴まえたりと、童心に返ったようなピュアな気分にさせてもらえます。

そう言えば、確か一昨年に近くの公園で夜桜を見上げていたら、初老の紳士に話しかけられました。
「桜はいいですねー。私、仕事もセミリタイアしたので、今年は南から順に桜前線を追いかける旅をしていましてね。ここ数日は東京での桜を満喫して、これからゴールデンウイーク明けまで、徐々に北に向かうんですよ。」
「素敵な旅ですね。写真もお撮りになるのでしょうが、目と心に焼き付けるのが旅の楽しみですね。私もいつか、そんな素敵な旅をしてみたいものです。」
と、しばしお話をしながら、二人で夜桜に見入っていました。
三ヶ月近くの旅だとおっしゃっていましたが、何と情緒あふれる計画でしょう。



さて、「次回は、関連する事例と、私が関わっている凄い製品について書こうと思います。」と書いたソーシャル・ビジネスのお話です。
前々回に、『医は仁術。病気を診ずして、病人を診よ。』というタイトルで、少し医療に触れることを書きましたが、この話は関連する内容になります。

それは、「AURAL SONIC」という商標で、もちろん国際特許を含め知的財産権も確立している製品です。
「AURAL SONIC」で検索していただくと、サイトからもご覧いただけますが、これまでは劇場や音楽スタジオ、日本のみならず多くの有名ミュージシャンにも愛用されてきた「音のトリートメント・パネル」です。

遮音や防音や吸音という機能のパネルは多く存在しますが、この「AURAL SONIC」は【調音】という極めて特殊な機能を持つ、世界オンリーワンの「調音パネル」なのです。

我々は、いい音色の楽器をはじめ、不快な雑音まで様々な音に囲まれて生きています。
しかも、壁をはじめとしたあらゆるモノの反射音を聞いています。
体験ブースで実際に聞いていただくと、違いがはっきりと判るのですが、例えばペットボトルを潰してみると、全く知らない音が聞こえてきます。
実はそれが本当の生音なのです。

音は、例えば「あ」「い」「う」「え」「お」という母音を周波数別に分析すると、そのデータから滑舌のいい人・悪い人の違いも判ります。
ここで、アカデミックなSUPPORTIVE EVIDENCE(裏付けとなる証拠)を書くと膨大なページ数になりますので省きますが、「音のトリートメント」とは、雑音・反射音に邪魔させずに「本物の生音」や「確実な言語伝達」を実現させるということと言ってもいいでしょう。

先日も研究協力をして頂いている大学教授のF氏と打ち合わせさせて頂きましたが、続々とEVIDENCEが固まっており、近々数回目となる学会発表も予定されています。

一昨年は、「クールジャパン・グランプリ」も受賞した製品なのです。
何故、賞をいただけたかと言えば、音楽・芸術に留まらず、医療・介護・住宅・オフィスという領域での効果が認められているからです。
例えば、「耳の遠いお年寄りと普通の声で会話ができる」とか、「耳の遠いお年寄りが家族と同じ音量でテレビを観る」ということができるようになります。


医療現場では、耳の遠いお年寄りが「いつも医者に怒られている」と感じる方が少なくないようです。
なかなか普通の声ではコミュニケーションが取れないため、医師もついつい声を張り上げてしまい、その時に少しでも苛立った表情を見せれば、患者が「怒鳴られた」と受け止めても已むなしという感もあります。
このところ、診察室の壁に「AURAL SONIC」を貼ることで、「患者との意思疎通が改善された」とか、「医師の疲労が緩和された」というケースが増えています。

ある意味で、我々は「生音」「反射音」「反響音」「様々な周波数の音」に常にさらされている「音地獄」の中で生きています。
永年に亘って慣らされた大人より、子供たちの方がより強烈に音地獄を実感しています。
例えば、いくつかの施設で実験していますが、部屋の一角にパネルを貼っておくと、自然に子供たちはその近くに集まって遊ぶようになります。
我々大人より、はるかに音環境の居心地に敏感な証拠です。


私は、数年前から「AURAL SONIC」こそ素晴らしいソーシャル・ビジネスを実現してくれると確信し、一般住宅用に意匠や試作を続けてきましたが、遂に「KP AURAL SONIC」という商標で、近日発売する段階に入りました。
何故、住宅かと言えば、それはQOL(クオリティ オブ ライフ)の向上です。
前述のお年寄りもそうですが、発達障害を持つ子供のパニック症状なども大きく緩和されます。
様々なハンデに悩む方、あるいはそのご家族の心労は計り知れないものがあります。
治療にも医療にも、絶対という方策はありませんから、QOL向上のためのベストミックスを考えることが重要だと思います。

他にも、ベッドの頭の周辺に貼れば、睡眠の質が上がり、REM睡眠・NON-REM睡眠(かなり前ですが、バックナンバーに書いています)のサイクルが整うことも解っています。
また、子供の学習机の前に貼ることで、集中力が高まり、高いパーセンテージで学業成績が上がったというデータもあります。
まだまだ人体のブラックボックスである脳ですが、厳しい音地獄の中でいかにアルファ波の状態を創るかということも、QOL向上の大きな手立てであると思います。


また、ソーシャル・ビジネスであるからこそ、「業績」を上げ、「適正利益」を稼ぎ、顧客への「真のお役立ち」を果たし、ゴーイング・コンサーン(倒産せず発展し続ける事を目指す経営)実現し続けていくことが必要なのです。

「営業マインド強化合宿」5月コース 5月17日(火)〜19日(木)では、実際に体感ブースを創り、参加者や見学者の皆さんに体験してもらおうと思っています。
「KP AURAL SONIC」の体感のみでも「無料見学」を受け付けますので、企業として個人としてご興味のある方は、ご都合の良い日時を事務局宛お知らせください。



【 営業マインド強化合宿 】 http://営業マインド.jp/
公式フェイスブック [Facebook] 
https://www.facebook.com/bizskilljp
<2016年>
5月コース 5月17日(火)〜19日(木)
7月コース 7月12日(火)〜14日(木)
9月コース 9月13日(火)〜15日(木)
11月コース 11月17日(木)〜19日(土)
まずはお電話でご予約ください!


2016.4.5.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook] https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp


2016/04/05


必見!お役立ち情報 バックナンバー

■2017/05/24

【フルーツパフェ(Fruit parfait)ON・OFFのスイッチング】

■2017/05/06

【メルカリの功罪】

■2017/03/31

【オーバースペック・シンドローム】

■2017/03/16

【TQM(Total Quality Management)】

■2017/02/10

【アジリティ―(機敏さ)】 & 【営業マインド強化合宿 日程及び会場変更のお知らせ】

■2017/01/19

【Adulting「責任ある大人らしい行動」】

■2017/01/06

【POST-TRUTH 「ポスト真実」の時代】

■2016/12/08

【「ツキ」にはメカニズムがある!】

■2016/11/15

【「仕事の誇り:介護に携わる思想・哲学・価値観」】

■2016/10/28

【「国家元首」】

■2016/09/19

【『脳の休息』=『頭や心のオンオフ切り替え』】

■2016/08/31

【『「ポケモンGO」は、ファッズかトレンドか』】

■2016/08/16

【『お役立ち精神』】

■2016/07/12

【『永六輔さんの訃報で甦る想い出』】

■2016/07/08

【『新聞ヘッドラインの情動的共感と期日前投票』】

■2016/06/15

【『「笑点」と「焦点」』】

■2016/05/12

【『ビジョナリー・マネジメント』と『目標管理』】

■2016/04/22

【『随所に主となる』---「UITEMATE(浮いて待て)」】

■2016/04/05

【『ソーシャル・ビジネス「KP AURAL SONIC」の「無料体感」!』】

■2016/03/23

【『生涯現役!ピンピンコロリ!』】

■2016/03/06

【『医は仁術。病気を診ずして、病人を診よ。』】

■2016/02/19

【『一気に仕事力を高める〜具体的戦略思考力の身につけ方〜』】

■2016/01/28

【「魚は頭から腐る」---「正義の仇討企画」】

■2016/01/18

【「効率至上主義からの脱却の時」】

■2016/01/06

【「至誠」と「ツキ」のメカニズム】

■2015/12/17

【海難1890 : 感動は心のサプリメント】

■2015/11/28

【意外に大きい「雑学力」「雑談力」】

■2015/11/17

【本鬼こそが、「マーケティングの真髄」】

■2015/11/02

【ピュアなマーケティング・スキルとアドミニストレーション】

■2015/10/16

【『高炉』 バーチャル工場見学】

■2015/09/28

【『エキストラ・スーパームーン』】

■2015/09/10

【『UITEMATE』(浮いて待て)】

■2015/08/27

【「MSDTAR」を磨いてモチベーターとなる】

■2015/08/17

【「日本のいちばん長い日」・「本物の自責人間」】

■2015/08/05

【「非価格競争力」、「更なるお役立ち要素」のブラッシュアップ】

■2015/07/28

【「顧客の<不>を払しょくする」のが重要な「マーケティング要素」】

■2015/07/17

【「現役引退」しても、「生涯現役」の素敵な人生】

■2015/07/01

【「ギリシャ経済破綻も風土の問題」】

■2015/06/17

【「常識の範疇」を踏み外すリスク】

■2015/06/04

【新しい需要・新しいお役立ちを創造する智恵:「価値創造経済」の時代】

■2015/05/22

【激レア!『ヨーコ オノ』プレゼンテーション】

■2015/05/08

【『姫路城』&『ゴルフ復活』】

■2015/04/20

【春爛漫!『芝桜まつり』&『つつじまつり』】

■2015/04/08

【『「新人採用のエピソード」と「新人研修」』】

■2015/04/01

【『花盛り!マンホールにも「美」が潜んでいる』】

■2015/03/18

【『トップに立つ者の経営への謙虚な取り組み』(大塚家具問題)】

■2015/03/12

【『ゴーイング・コンサーン』(継続企業の前提)】

■2015/03/04

【『アメリカン・スナイパー』】

■2015/02/25

【『越後屋 お主も春よのう。』】

■2015/02/20

【「ちょっとした気づき」と「小さな感動」が「マーケティングの原動力」】

>>> その他のバックナンバーはビジネススキル研究所公式ブログ をご覧ください。