必見!お役立ち情報!! : 【海難1890 : 感動は心のサプリメント】
■【海難1890 : 感動は心のサプリメント】 (2015/12/17)

都内にUFO出現か!と思いきや、飛行船の夜間飛行でした。

DSC_0103











最近は昼間に見かけることが多くなりましたが、これも若干の好況のシグナルかとも思います。

企業や業界によっても景況感の違いがありますが、
『尽人事而自拓道』 --- 人事を尽くせば、而して自ずと道は拓ける
年末年始休暇があるという方は、そのうちの半日くらいを掛けて、年明けからのロケットスタートのためにやることをたくさん考えてみて、最重要テーマ3点に絞り込んでみるといいでしょう。
成果を出すためには、「重点主義」と「集中主義」で取り組むことです。



さて、今年の年末はやけに忙しいのですが、先日何とか時間を作って、久しぶりに映画館に足を運び、【海難1890】を観てきました。
結論から申し上げれば、「是非観て頂きたい秀作」で、感動すること間違いなしです。
【海難1890】は、日本とトルコの友好125周年を記念して制作された映画で、1890年に和歌山沖で起きたエルトゥールル号遭難事件と、1985年のイラン・イラク戦争が再び激化した時に、首都テヘランに取り残された日本人を救出するため、トルコ政府が救援機を飛ばしてくれたという2つの出来事を描いた作品です。

明治22年(1889年)7月、オスマン帝国は大日本帝国への親善使節団を派遣することになり、ムスタファ機関大尉ら600名の軍人が老朽化の進むエルトゥールル号での外洋航海に出ました。
エルトゥールル号は翌年6月に日本に到着し、使節団は明治天皇への謁見を果たしました。

艦内でコレラに感染した乗組員が出たため帰国の延期を余儀なくされ、やっと9月に横浜港を出航し帰国の途につきました。

ところが、ちょうど日本には台風が接近していて、エルトゥールル号は紀伊大島沖で座礁。
座礁によって機関室に海水が流れ込み、機関室は水蒸気爆発を起こし、エルトゥールル号は沈没しました。
爆発音を聞いた紀伊大島の村人たちが岸壁に行くと、エルトゥールル号の乗組員の遺体が打ち上げられていて、村人たちは嵐の中を総出で救助に当たりました。

何とか助け出された生存者数十名は、ドイツ軍艦によって神戸に搬送されましたが、500名以上の死者を出した大惨事となりました。
村民たちは自らの生活を投げ打って、乗組員の救助や遺留品の回収を続け、血塗れた遺留品を丁寧に洗いました。
正に「至誠」「真心」ここにありです。


そして話は1985年、イラク大統領のサダム・フセインが停戦合意を破棄し、沈静化していたイラン・イラク戦争が再び激化。
フセインは「48時間後にイラク上空を飛行する飛行機を無差別攻撃する」という声明を出します。
日本大使館は、脱出する日本人のために奔走しますが、日本航空は「空路の安全が保障されない」という理由で、そして日本政府までもが「自衛隊出動には、国会の承認に時間が掛かる」という理由で拒絶。

他国の航空会社は自国民の救助を優先し、日本人の搭乗を拒否、二百数十名の日本人は国からも見放され、戦場と化したテヘランに取り残されてしまいました。

そこで最後の頼みで、トルコに救援依頼をしますが、トルコ政府閣僚は自国民だけで手一杯と、初めは日本人の救助に反対します。
しかし、トゥルグト・オザル首相は一転して要請を受け入れ、日本人救助のための救援機を手配。
この危険なミッションに就くパイロットたちに、希望を募ると全員が救援機への搭乗を希望して挙手しました。
自らの危険も顧みず、「至誠」と「真心」での搭乗希望でした。

空港には、救助を待つ大勢のトルコ人たちが詰め掛けていて、トルコ人のムラトが前に出て、「日本人を先に乗せて欲しい」と頼みますが、自らも命の危険にさらされているトルコ人たちに、もはや聞く耳はありませんでした。
しかし、ムラトは続けて、「我々の祖先は、異国の地で絶望に陥った際に、日本人に救ってもらえた。今、日本人を救えるのはあなたたちだけだ。」
と告げ、それを聞いたトルコ人たちたちは騒ぐのを止め、国からも見放された日本人たちを最初の救援機に乗せ、「私たちは車でトルコに向かう」と大変な陸路での脱出を決めました。
またも「至誠」「真心」ここにありです。


少し書き過ぎた感もありますが、「至誠とは」「真心とは」「自助とは」「共助とは」「公助とは」「国防とは」、、、織り交ぜられた人間模様の中で、大きな感動と国や民族を超えた「人間愛」というものに心震える映画でした。
世界中の国や民族が「至誠」「真心」を大切に想い、不毛な報復の応酬ではなく、国や民族を超えて地球人としてのワンカテゴリーになり、真のボーダレスになる日が来ればいいですね。

この映画、お勧めです。是非、映画館でご覧になってみてください。
感動は心のサプリメントですね。
私は、これで今年の見納めとなるかなという感じですが、仕事のキリが付いたらもう一本サプリメント映画を観てみたい気もします。
どんなに忙しくても、努力と工夫で時間を生み出して、心と脳にもサプリメントを与えてやりましょう。



◆強い会社は、現状の更なる「業績創出力」と、「次の景気の波」を乗り切るための教育に手を抜きません。
「業績創出力強化」と、「更なる成長力」に磨きを掛けたいという方は、是非ともお問合せ下さい。
しっかりとお打合せの上、幹部や社員の皆さんに「更なる飛躍のステップ」を踏み出すことの素晴らしさを体得して頂けるプログラミングに、知恵を絞り合いたいと思います。

◆「非価格競争力」、「更なるお役立ち要素」のブラッシュアップこそ強い企業体質に繋がるものです。

イキイキした「社風」を創り、常に気を緩めることなく、時代や技術や顧客の「変化対応」・「進化創造」に真正面から取り組み続けることが、企業活性化のコア・テーマです。
テクニカル一辺倒の経営では、短期の利益構築は可能でしょうが、ゴーイング・コンサーン(倒産せず発展し続ける事を目指す経営)のためには、「強い社風構築」が必要なのです。

「明日の繁栄を創り出すための経営戦略・マーケティング戦略」を策定したいという方には、3時間程度を目安に【無料相談】を実施しています。
私が直接対応させていただきますので、ご遠慮なくお申し出ください。


◆「営業マインド強化合宿公式HP」を是非ご覧になって、明るく前向きな組織風土を創ることに考えを巡らせてみてください。
「無料見学」も実施中ですので、社長やご担当者の方のご派遣検討のために是非ともご活用ください。
【 営業マインド強化合宿 】 http://営業マインド.jp/
公式フェイスブック [Facebook] 
https://www.facebook.com/bizskilljp
<2016年>
1月コース 1月26日(火)〜28日(木)
3月コース 3月8日(火)〜10日(木)
5月コース 5月17日(火)〜19日(木)
7月コース 7月12日(火)〜14日(木)
9月コース 9月13日(火)〜15日(木)
11月コース 11月17日(木)〜19日(土)
まずはお電話でご予約ください!

2015.12.17.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook] https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp


2015/12/17


必見!お役立ち情報 バックナンバー

■2017/08/28

【『他山の石』】

■2017/08/15

【『ビジネスは「知ること」「識ること」「銘ること」で上手くいく』】

■2017/07/31

【『世界に冠たる長寿国:日本のQOL』】

■2017/07/22

【『ボードメンバー・オプティマイゼーション(最適役員の人選)』】

■2017/06/28

【『次の〇〇ショック』】

■2017/06/15

【『ソーシャル・サティスファクション』】

■2017/06/09

【『「引き取り手のない遺骨」増加』】

■2017/06/01

【『伝わるプレゼンテーション・スキル』】

■2017/05/24

【フルーツパフェ(Fruit parfait)ON・OFFのスイッチング】

■2017/05/06

【メルカリの功罪】

■2017/03/31

【オーバースペック・シンドローム】

■2017/03/16

【TQM(Total Quality Management)】

■2017/02/10

【アジリティ―(機敏さ)】 & 【営業マインド強化合宿 日程及び会場変更のお知らせ】

■2017/01/19

【Adulting「責任ある大人らしい行動」】

■2017/01/06

【POST-TRUTH 「ポスト真実」の時代】

■2016/12/08

【「ツキ」にはメカニズムがある!】

■2016/11/15

【「仕事の誇り:介護に携わる思想・哲学・価値観」】

■2016/10/28

【「国家元首」】

■2016/09/19

【『脳の休息』=『頭や心のオンオフ切り替え』】

■2016/08/31

【『「ポケモンGO」は、ファッズかトレンドか』】

■2016/08/16

【『お役立ち精神』】

■2016/07/12

【『永六輔さんの訃報で甦る想い出』】

■2016/07/08

【『新聞ヘッドラインの情動的共感と期日前投票』】

■2016/06/15

【『「笑点」と「焦点」』】

■2016/05/12

【『ビジョナリー・マネジメント』と『目標管理』】

■2016/04/22

【『随所に主となる』---「UITEMATE(浮いて待て)」】

■2016/03/23

【『生涯現役!ピンピンコロリ!』】

■2016/03/06

【『医は仁術。病気を診ずして、病人を診よ。』】

■2016/02/19

【『一気に仕事力を高める〜具体的戦略思考力の身につけ方〜』】

■2016/01/28

【「魚は頭から腐る」---「正義の仇討企画」】

■2016/01/18

【「効率至上主義からの脱却の時」】

■2016/01/06

【「至誠」と「ツキ」のメカニズム】

■2015/12/17

【海難1890 : 感動は心のサプリメント】

■2015/11/28

【意外に大きい「雑学力」「雑談力」】

■2015/11/17

【本鬼こそが、「マーケティングの真髄」】

■2015/11/02

【ピュアなマーケティング・スキルとアドミニストレーション】

■2015/10/16

【『高炉』 バーチャル工場見学】

■2015/09/28

【『エキストラ・スーパームーン』】

■2015/09/10

【『UITEMATE』(浮いて待て)】

■2015/08/27

【「MSDTAR」を磨いてモチベーターとなる】

■2015/08/17

【「日本のいちばん長い日」・「本物の自責人間」】

■2015/08/05

【「非価格競争力」、「更なるお役立ち要素」のブラッシュアップ】

■2015/07/28

【「顧客の<不>を払しょくする」のが重要な「マーケティング要素」】

■2015/07/17

【「現役引退」しても、「生涯現役」の素敵な人生】

■2015/07/01

【「ギリシャ経済破綻も風土の問題」】

■2015/06/17

【「常識の範疇」を踏み外すリスク】

■2015/06/04

【新しい需要・新しいお役立ちを創造する智恵:「価値創造経済」の時代】

■2015/05/22

【激レア!『ヨーコ オノ』プレゼンテーション】

■2015/05/08

【『姫路城』&『ゴルフ復活』】

■2015/04/20

【春爛漫!『芝桜まつり』&『つつじまつり』】

>>> その他のバックナンバーはビジネススキル研究所公式ブログ をご覧ください。