必見!お役立ち情報!! : 【『高炉』 バーチャル工場見学】
■【『高炉』 バーチャル工場見学】 (2015/10/16)

もう少し早く書くつもりが、先週の中頃に飛行機で主張先から帰り、羽田に降り立つや否や何だか風邪気味。
葛根湯を飲んで体を休め、大丈夫そうなので、以前から約束していたゴルフに行き、まあまあのスコアで楽しみました。
ところが、連休に入って急に発熱して、慌てて病院にいきましたが、「ま、風邪でしょうな。」と言われ、薬を飲んで大人しくしていたのですが、熱が下がらず状態は悪化の一途。


ウチのスタッフに症状から調べてもらい、きっと急性〇〇だと仮説構築後に再度別の病院へ。
「先生、飛行機を降りてからの具合がこうで、ここまでの発熱の変遷がこうで、現状の痛みの箇所がこことここで、、、」と詳細説明。
すぐにいろいろと検査していただき、
「鶴田さん、風邪ではなくて急性疾患の〇〇ですよ。これこれのクスリを何日投与すれば、大丈夫ですから。」とお医者さんに言われて、まずは一安心。

やはり、仮説は的中でした。

しかし、微熱が残った状態での今週のセミナーは、辛いというより「プロとして120点の仕事をする」ということに必死でした。
私はいつも「病は仕事で治す」と口癖ですが、セミナー中から急激に回復して、マシンガントーク炸裂でした。
とは言え、これからは本格的に風邪やインフルエンザのシーズンですから、皆様もくれぐれもご自愛ください。



さて先日、新日鐵住金の鹿島製鉄所に見学に伺いました。
鉄スクラップを原料とする電炉は見たことがあったのですが、鉄鉱石から鉄を作る「高炉」は初めてでしたので、現場大好き人間としては日程が決まってからずっとウキウキ。
2015_1002_14154000












溶鉱炉の歴史は、紀元前5世紀頃の鋳鉄が中国で発見されているほど、非常に古い歴史がありますが、コークスを使う近代的な高炉が最初に作られたのは1709年のことです。
しかし、高炉は産業界で最も多くCO2を排出する装置であり、今回はその課題に対する研究開発や経営努力にも注目していました。
また、工場内にある火力発電所の今後の発電様式の変化にも、大変興味を抱いていました。
CO2排出を低減させる最新の石炭火力や、石炭とバイオマスの混焼発電など、半歩先の戦略にも興味津々。

さて、話を高炉に戻すと、鉄鉱石から銑鉄を取り出すための鉄溶鉱炉が高炉。
大型高炉の高さは、100メートルを超え、製鉄所のシンボリック・タワーです。
早い話が、高さが高いので高炉。

鉄鉱石を高炉に投入して、転炉、連続鋳造工程を経て、各種鉄板やパイプ類の最終製品を生産する大規模な製鉄所を銑鋼一貫製鉄所といいます。
このような銑鋼一貫製鉄所のみが高炉を所有していることから、高炉を持つ鉄鋼会社は高炉メーカーと呼ばれているのです。

高炉の頂部から鉄鉱石による金属原料とコークスなどの燃料を兼ねる還元材が投入され、不純物除去のために石灰石を入れ、高炉下部側面から1600度にも加熱された空気を吹き入れて、コークスを激しく燃焼させる。
高炉内部ではコークスの炭素が鉄から酸素を奪い、熱と一酸化炭素、二酸化炭素を生む、そう、学生時代に学んだ酸化還元反応。

この熱源によって鉄鉱石を溶かし、炉の上部から下部に沈降してゆくプロセスで、必要な反応が連続的に行なわれていきます。
調べた化学式を書こうかと思いましたが、「難しい!」と読んでくれている方が離脱されてしまう懸念もあり、ここでは省くことにします。


下部に到達する時には燃焼温度は最高となり、炉の底部から高温液体状の真っ赤な銑鉄が流れ出してくるというのは、TVでご覧になった方も多いでしょう。
銑鉄の上に層を成して溜まる不純物を多く含む高温液体状のスラグと銑鉄は、底部側面から適時自然流動によって取り出されていきます。

高炉頂部からは高温の高炉ガス(一酸化炭素、二酸化炭素等を多く含む)がパイプによって取り出され、粉塵等をサイクロンで除去し、いくつかある熱風炉の1つへと送られていきます。
高温ガスは熱風炉内のレンガ等を加熱した後、熱風炉の1つが排気経路とは別に外気から取り込まれた冷風を加熱。
加熱された空気は、炉下部の側面より粉砕された微粉末炭と共に圧入、炉内を上昇する内に酸素との混合で燃焼させ、この流れにより一連のガスサイクルを形成するという仕組み。
少し、頭が痛くなってきた方もいますかね?!


高炉にはコークス炉や鉄鉱石焼結炉が常に併設され、投入原料の事前加工が行なわれ、一度火が入れられた高炉は24時間常に稼動されています。
炉内壁の修理やメンテナンス等の時以外に停止されることはない、働き続ける巨大設備です。
高炉で作られた銑鉄は、保温と移送の効率を兼ね備えた「トーピードカー」(混銑車)と呼ばれる巨大なラグビーボール状のタンク車両に流しこまれて、構内の線路を走り次の工程へと送られていきます。

送られた銑鉄は、溶銑予備処理を施して転炉へ入れられ、更に不純物を取り去りながら鋼鉄へと変身を遂げていくのです。

更に巨大ローラーで圧力を掛け、内部から出てくる不純物を大量の水で流すという圧延を、直線数100mにも及ぶラインで繰り返し、最後はミリ単位の板となり、ロールされていきます。
凄いのはその工程を流れていく速度で、想像より遥かにハイスピードで、正に圧巻でした。


常務執行役員であり、鹿島製鉄所所長であるT氏にもいろいろお話を伺いましたが、一番の印象はその人間性。
あれほどの大会社の大幹部でありながら、一切の驕りを感じさせない真摯な態度、そしてモノづくりに賭ける情熱、部下たちを想いやる心、素晴らしい人物像でした。
また、各工程のご説明をいただいた責任者の皆様も、いずれ劣らず素晴らしい紳士揃いでした。


やはり、一流の組織には一流の人が育つ。
『三流経営者は私腹を肥やし、二流経営者は業績だけを伸ばし、一流経営者は次世代の人を創る』という言葉が、私の脳裏に甦ってきました。
企業を発展させるのも、衰退させるのも、「人」なのです。

人財共育(人材教育よりも妥当な表現だと思います)こそが、今後の企業の成長・発展のカギとなります。
スキルの優先順位は、
「ヒューマン・スキル(人間力)」
「コンセプチュアル・スキル(概念化能力=問題解決力)」
「テクニカル・スキル(あらゆる技術)」
であろうと思います。

最後に、ちょっとPR。
当社主催の「営業マインド強化合宿」は、11月コース(11月10日(火)〜12日(木))が年内最終のコースで、11月10日は私の誕生日です。
スキルバランスをしっかりと踏まえて、渾身のご指導をいたします!
年に一度の節目となるバースデー開催、一層の想いとパワーを込めて実施いたしますので、是非ともご派遣をお待ちしております。



一人一人の社員が会社というステージで、素敵な人生を創り、素敵に生きていくことが、「マーケティングの真髄」です。
強い会社は、現状の更なる「業績創出力」と、「次の景気の波」を乗り切るための教育に手を抜きません。
「業績創出力強化」と、「更なる成長力」に磨きを掛けたいという方は、是非ともお問合せ下さい。
しっかりとお打合せの上、幹部や社員の皆さんに「更なる飛躍のステップ」を踏み出すことの素晴らしさを体得して頂けるプログラミングに、知恵を絞り合いたいと思います。
「非価格競争力」、「更なるお役立ち要素」のブラッシュアップこそ強い企業体質に繋がるものです。


イキイキした「社風」を創り、常に気を緩めることなく、時代や技術や顧客の「変化対応」・「進化創造」に真正面から取り組み続けることが、企業活性化のコア・テーマです。
テクニカル一辺倒の経営では、短期の利益構築は可能でしょうが、ゴーイング・コンサーン(倒産せず発展し続ける事を目指す経営)のためには、「強い社風構築」が必要なのです。


「明日の繁栄を創り出すための経営戦略・マーケティング戦略」を策定したいという方には、3時間程度を目安に【無料相談】を実施しています。
私が直接対応させていただきますので、ご遠慮なくお申し出ください。


「営業マインド強化合宿公式HP」を是非ご覧になって、明るく前向きな組織風土を創ることに考えを巡らせてみてください。
「無料見学」も実施中ですので、社長やご担当者の方のご派遣検討のために是非ともご活用ください。
【 営業マインド強化合宿 】 http://営業マインド.jp/
公式フェイスブック [Facebook] 
https://www.facebook.com/bizskilljp
<2015年>
11月コース 11月10日(火)〜12日(木)
<2016年>
1月コース 1月26日(火)〜28日(木)
3月コース 3月8日(火)〜10日(木)
5月コース 5月17日(火)〜19日(木)
7月コース 7月12日(火)〜14日(木)
9月コース 9月13日(火)〜15日(木)
11月コース 11月17日(木)〜19日(土)
まずはお電話で、お問い合わせ・ご予約ください!


2015.10.16.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook] https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp


2015/10/16


必見!お役立ち情報 バックナンバー

■2017/03/31

【オーバースペック・シンドローム】

■2017/03/16

【TQM(Total Quality Management)】

■2017/02/10

【アジリティ―(機敏さ)】 & 【営業マインド強化合宿 日程及び会場変更のお知らせ】

■2017/01/19

【Adulting「責任ある大人らしい行動」】

■2017/01/06

【POST-TRUTH 「ポスト真実」の時代】

■2016/12/08

【「ツキ」にはメカニズムがある!】

■2016/11/15

【「仕事の誇り:介護に携わる思想・哲学・価値観」】

■2016/10/28

【「国家元首」】

■2016/09/19

【『脳の休息』=『頭や心のオンオフ切り替え』】

■2016/08/31

【『「ポケモンGO」は、ファッズかトレンドか』】

■2016/08/16

【『お役立ち精神』】

■2016/07/12

【『永六輔さんの訃報で甦る想い出』】

■2016/07/08

【『新聞ヘッドラインの情動的共感と期日前投票』】

■2016/06/15

【『「笑点」と「焦点」』】

■2016/05/12

【『ビジョナリー・マネジメント』と『目標管理』】

■2016/04/22

【『随所に主となる』---「UITEMATE(浮いて待て)」】

■2016/04/05

【『ソーシャル・ビジネス「KP AURAL SONIC」の「無料体感」!』】

■2016/03/23

【『生涯現役!ピンピンコロリ!』】

■2016/03/06

【『医は仁術。病気を診ずして、病人を診よ。』】

■2016/02/19

【『一気に仕事力を高める〜具体的戦略思考力の身につけ方〜』】

■2016/01/28

【「魚は頭から腐る」---「正義の仇討企画」】

■2016/01/18

【「効率至上主義からの脱却の時」】

■2016/01/06

【「至誠」と「ツキ」のメカニズム】

■2015/12/17

【海難1890 : 感動は心のサプリメント】

■2015/11/28

【意外に大きい「雑学力」「雑談力」】

■2015/11/17

【本鬼こそが、「マーケティングの真髄」】

■2015/11/02

【ピュアなマーケティング・スキルとアドミニストレーション】

■2015/10/16

【『高炉』 バーチャル工場見学】

■2015/09/28

【『エキストラ・スーパームーン』】

■2015/09/10

【『UITEMATE』(浮いて待て)】

■2015/08/27

【「MSDTAR」を磨いてモチベーターとなる】

■2015/08/17

【「日本のいちばん長い日」・「本物の自責人間」】

■2015/08/05

【「非価格競争力」、「更なるお役立ち要素」のブラッシュアップ】

■2015/07/28

【「顧客の<不>を払しょくする」のが重要な「マーケティング要素」】

■2015/07/17

【「現役引退」しても、「生涯現役」の素敵な人生】

■2015/07/01

【「ギリシャ経済破綻も風土の問題」】

■2015/06/17

【「常識の範疇」を踏み外すリスク】

■2015/06/04

【新しい需要・新しいお役立ちを創造する智恵:「価値創造経済」の時代】

■2015/05/22

【激レア!『ヨーコ オノ』プレゼンテーション】

■2015/05/08

【『姫路城』&『ゴルフ復活』】

■2015/04/20

【春爛漫!『芝桜まつり』&『つつじまつり』】

■2015/04/08

【『「新人採用のエピソード」と「新人研修」』】

■2015/04/01

【『花盛り!マンホールにも「美」が潜んでいる』】

■2015/03/18

【『トップに立つ者の経営への謙虚な取り組み』(大塚家具問題)】

■2015/03/12

【『ゴーイング・コンサーン』(継続企業の前提)】

■2015/03/04

【『アメリカン・スナイパー』】

■2015/02/25

【『越後屋 お主も春よのう。』】

■2015/02/20

【「ちょっとした気づき」と「小さな感動」が「マーケティングの原動力」】

■2015/02/11

【「スキル」と「スルキ」の両輪と、「売れ続けるブランディング教育」】

■2015/01/29

【「研修の目的・ネライ・基本精神」】

>>> その他のバックナンバーはビジネススキル研究所公式ブログ をご覧ください。